3大がん治療法の効果

がんの主な治療法は外科的手術、化学療法、放射線治療の3つで、これを3大がん治療法といいます。

それぞれについて詳しくご紹介しましょう。

・ 外科的手術
がん治療の中でももっとも一般的な方法で、初期のがんに有効です。 これはがん細胞を手術によて取り去ってしまう方法ですが、取り残しを防ぐためにがん細胞の周囲の組織とリンパ節を取ってしまう場合もあり、切除の範囲によってその方法が分れています。

がん細胞が発生している臓器すべてを取り除く手術を全摘術といい、一部を残して他の大部分を取り除くのが亜全摘術です。また、がん細胞が発生している部分のみを取り除く部分切除、がん細胞が発生している臓器および隣接している臓器を取り除く拡大切除、広範全摘などがあります。

・ 化学療法
抗がん剤という薬はご存知でしょう。これは化学療法の一つで、この薬を投与することによってがんの発育や増殖を抑えるという治療法です。ただ、抗がん剤はがん細胞だけではなく、正常な細胞にも作用するので、吐き気や脱毛、発熱などさまざまな副作用が出てきます。

また、ホルモン剤や免疫賦活剤(めんえきふかつざい)などを用いる化学療法もあります。

・ 放射線治療
X線やガンマ線などの放射線をがん細胞のDNAに照射することによって、がん細胞の増殖を阻止しアポトーシス(細胞の自殺行為)を引き起こさせる治療法です。

現代では照射技術が進歩し、正常な細胞にはできるだけ照射量を少なく、がん細胞への照射量は多く調整できるようになりました。

がんの根治治療から緩和治療(痛みを軽減することが目的の治療)まで、幅広く使われている治療法で、手術や化学療法と併用することで効果を発揮します。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes