最新のがん治療−遺伝子治療の進歩

現在行われている様々ながん治療の中で、もっとも新しい治療法が遺伝子治療です。これは抗がん剤や手術などと違って、副作用が少ないといわれている方法です。

下記がおもな遺伝子治療です。

・ 免疫遺伝子療法
免疫力を強化してがんを治療する方法です。

免疫とはもともと体に備わっている力で、ウイルスや細菌、がん細胞を異物と認識して攻撃、排除する機能です。免疫遺伝子療法には次の二つの方法があります。

一つめは、がんに対するリンパ球の攻撃力を強化するように遺伝子を操作して、体内に戻す「養子免疫遺伝子療法」。二つめは、逆にがん細胞の遺伝子を操作して免疫から標的として認識されやすいように変える「腫瘍ワクチン」。

・自殺遺伝子療法
私たち哺乳類の細胞内にはない代謝酵素遺伝子をがん細胞に入れます。
この代謝酵素遺伝子はプロドラッグという無毒の遺伝子です。生体内の酵素によって初めて毒性化します。この毒性化させる機能により、がん細胞だけを殺してしまうのです。

・ がん抑制遺伝子療法
遺伝子の一つにP53というものがあります。これはがんを抑制する働きをもっている遺伝子ですが、がん細胞にはこのP53が非常に少ないため、一定期間増殖を繰り返した後に死滅する正常な細胞とちがい、P53の遺伝子により抑制されることなく異常増殖するわけです。

たとえば放射線や化学物質によりDNAに傷がつくと、P53は大量に発生し間違ったDNAの合成を阻止します。また、修復不能な傷害がある細胞にアポトーシス(細胞の自殺行為)を起こさせ、消失させてしまう働きもあります。

これらの作用により、P53をがん組織に導入することによって、がん細胞の死滅が期待できるというわけです。

がん治療における遺伝子療法は日々進歩していますので、治療法の選択の幅もより広くなっていくことでしょう。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes