温度を加えてがん細胞を死滅させる”温熱療法”

がん細胞にも弱点があります。それは熱に弱いということ。

私たちの体には体温を一定に保つ働きがあるため、温度を加えても正常な細胞ならば影響を受けることはありませんが、がん細胞は温度を加えることにより高温となり死滅するのです。

41度くらいで徐々に弱りはじめ、42.5度で死んでしまいます。この性質を利用した治療法を温熱療法(ハイパーサーミア)といいます。

ただ、体の奥の方にあるがん細胞は骨や脂肪が邪魔をして熱が細胞まで届きにくいため、この方法だけではがんを治癒するまでには至りません。したがって化学療法や放射線療法と併用して行われます。

温熱療法には全身に温度を加える「全身温熱療法」とがんとその周辺にのみ温度を加える「局所温熱療法」の2種類があります。ほとんどの場合、局所温熱療法が用いられ、マイクロ波や電磁波を使って局部を温めます。

たいていは体の外側から放射するのですが、食道、直腸、子宮、胆管などへは、口や膣、肛門などから電磁針などの器具を挿入して温度を加える方法も用いられます。治療にかかる時間は45〜60分。それ以上になると体に負担がかかってしまいます。

温熱療法のメリットは副作用がないこと。温度を加えてがんを弱らせ、抗がん剤などの効果を高めるという特徴がある一方、温度を加えることによる火傷を負う危険性や痛みがともなってしまいます。

1996年より温熱療法は保険の適用内となりましたが、これだけではがんの治癒が難しいことから、現在では局所進行のがんや再発したがんに対する治療が主となっています。

青春をともにしたトシちゃん日記 – 楽天ブログ

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes