悪性腫瘍細胞”がん”

私たちの体内には何億個という細胞があり、体の各部分でそれぞれの役割を担っています。これらの細胞には寿命があり、寿命を終えた細胞は新しい細胞と入れ替わります。

通常は生体がコントロールすることで必要に応じて増殖しますが、なんらかの原因により、コントロールができなくなり、無秩序に増殖していくことがあります。これが腫瘍細胞です。

腫瘍細胞には良性のものと悪性のものがあります。

ゆっくりと増殖していくものが良性で、これは各臓器に対して大きな影響を与えることはなく、生命を脅かすこともありません。一方、悪性は周囲の組織に侵入したり(浸潤)血管やリンパ管を通り体中に転移したりする性質があります。これが「がん」です。

がんは正常な細胞から栄養分を奪い(悪液質)ながら増殖と転移を繰り返します。そして臓器を破壊し、出血させて生命維持に必要な機能を果たせなくさせるなど、最終的に生命を奪ってしまうのです。

がんは、筋肉・骨・神経など非上皮性細胞から発生する「肉腫」と、皮膚・粘膜などの上皮性組織から発生する「がん腫」に分けられます。 がんを克服するためには、がんの早期発見と早期治療が大切です。そのためには定期的に検診をすることが肝心。

日本ではがん検診は義務付けられてはいないため受診率が低く、早期に発見することができずに失われた命が多くあります。 以前はがんといえば不治の病と思われていましたが、近年では医療の進歩により、がんは治る病気であるといわれるようになりました。

がんにならないためには、まず定期的に検診を受けること。これが、がん治療の第一歩でもあるのです。

1件のコメント

  • By Mr WordPress, 2013年12月17日 @ 7:26 AM

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Other Links to this Post

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes