温度を加えてがん細胞を死滅させる”温熱療法”

がん細胞にも弱点があります。それは熱に弱いということ。

私たちの体には体温を一定に保つ働きがあるため、温度を加えても正常な細胞ならば影響を受けることはありませんが、がん細胞は温度を加えることにより高温となり死滅するのです。

41度くらいで徐々に弱りはじめ、42.5度で死んでしまいます。この性質を利用した治療法を温熱療法(ハイパーサーミア)といいます。

ただ、体の奥の方にあるがん細胞は骨や脂肪が邪魔をして熱が細胞まで届きにくいため、この方法だけではがんを治癒するまでには至りません。したがって化学療法や放射線療法と併用して行われます。

温熱療法には全身に温度を加える「全身温熱療法」とがんとその周辺にのみ温度を加える「局所温熱療法」の2種類があります。ほとんどの場合、局所温熱療法が用いられ、マイクロ波や電磁波を使って局部を温めます。

たいていは体の外側から放射するのですが、食道、直腸、子宮、胆管などへは、口や膣、肛門などから電磁針などの器具を挿入して温度を加える方法も用いられます。治療にかかる時間は45〜60分。それ以上になると体に負担がかかってしまいます。

温熱療法のメリットは副作用がないこと。温度を加えてがんを弱らせ、抗がん剤などの効果を高めるという特徴がある一方、温度を加えることによる火傷を負う危険性や痛みがともなってしまいます。

1996年より温熱療法は保険の適用内となりましたが、これだけではがんの治癒が難しいことから、現在では局所進行のがんや再発したがんに対する治療が主となっています。

青春をともにしたトシちゃん日記 – 楽天ブログ

早期発見を目指す「がん対策基本法」

日本国内において、がんで亡くなる人は年間30万人以上にものぼっています。そして、がんの発症者は倍の50〜60万人もおり、高齢化に伴ってがんの罹患率はこれからますます増加する傾向にあるといわれています。

日本におけるがん対策は1984年から始まった「対がん10ヵ年総合戦略」が最初で、2004年には「第3次対がん10ヵ年総合戦略」が開始されました。

また、2006年には民主党の山本孝史参議院議員(2007年12月死去)ががんを発症していることを公表したことにより「がん対策基本法」が成立され、翌年4月に施行となりました。

この法律は、がんの予防と早期発見を促す、全国どこに住んでいても医療技術の格差がなく平等にがん専門の医療を受けられる「がん治療の均てん化」、また、がん検診の質の向上、研究推進などを目標に、がんの検診方法を検討、事業を評価したり、がん検診を行う医療従事者の研修を行ったりするなど、がん検診の受診率を向上させるために必要な施策の実施を目指しています。

がんは初期の段階では自覚症状がほとんどなく、進行がんが多く発症してから初めて気づくことが多い病気です。つまり自覚症状が出てからでは遅く、治療が困難になる場合もあるのです。

がん治療のためには早期発見がなによりも重要です。検診によってがんが100%発見できるとは限りませんが、最悪の事態を招くリスクを少しでも減らすことはできます。大切な命を守るためには、まず定期的ながん検診を受け、早期に発見することが大切なのです。

3大がん治療法の効果

がんの主な治療法は外科的手術、化学療法、放射線治療の3つで、これを3大がん治療法といいます。

それぞれについて詳しくご紹介しましょう。

・ 外科的手術
がん治療の中でももっとも一般的な方法で、初期のがんに有効です。 これはがん細胞を手術によて取り去ってしまう方法ですが、取り残しを防ぐためにがん細胞の周囲の組織とリンパ節を取ってしまう場合もあり、切除の範囲によってその方法が分れています。

がん細胞が発生している臓器すべてを取り除く手術を全摘術といい、一部を残して他の大部分を取り除くのが亜全摘術です。また、がん細胞が発生している部分のみを取り除く部分切除、がん細胞が発生している臓器および隣接している臓器を取り除く拡大切除、広範全摘などがあります。

・ 化学療法
抗がん剤という薬はご存知でしょう。これは化学療法の一つで、この薬を投与することによってがんの発育や増殖を抑えるという治療法です。ただ、抗がん剤はがん細胞だけではなく、正常な細胞にも作用するので、吐き気や脱毛、発熱などさまざまな副作用が出てきます。

また、ホルモン剤や免疫賦活剤(めんえきふかつざい)などを用いる化学療法もあります。

・ 放射線治療
X線やガンマ線などの放射線をがん細胞のDNAに照射することによって、がん細胞の増殖を阻止しアポトーシス(細胞の自殺行為)を引き起こさせる治療法です。

現代では照射技術が進歩し、正常な細胞にはできるだけ照射量を少なく、がん細胞への照射量は多く調整できるようになりました。

がんの根治治療から緩和治療(痛みを軽減することが目的の治療)まで、幅広く使われている治療法で、手術や化学療法と併用することで効果を発揮します。

最新のがん治療−遺伝子治療の進歩

現在行われている様々ながん治療の中で、もっとも新しい治療法が遺伝子治療です。これは抗がん剤や手術などと違って、副作用が少ないといわれている方法です。

下記がおもな遺伝子治療です。

・ 免疫遺伝子療法
免疫力を強化してがんを治療する方法です。

免疫とはもともと体に備わっている力で、ウイルスや細菌、がん細胞を異物と認識して攻撃、排除する機能です。免疫遺伝子療法には次の二つの方法があります。

一つめは、がんに対するリンパ球の攻撃力を強化するように遺伝子を操作して、体内に戻す「養子免疫遺伝子療法」。二つめは、逆にがん細胞の遺伝子を操作して免疫から標的として認識されやすいように変える「腫瘍ワクチン」。

・自殺遺伝子療法
私たち哺乳類の細胞内にはない代謝酵素遺伝子をがん細胞に入れます。
この代謝酵素遺伝子はプロドラッグという無毒の遺伝子です。生体内の酵素によって初めて毒性化します。この毒性化させる機能により、がん細胞だけを殺してしまうのです。

・ がん抑制遺伝子療法
遺伝子の一つにP53というものがあります。これはがんを抑制する働きをもっている遺伝子ですが、がん細胞にはこのP53が非常に少ないため、一定期間増殖を繰り返した後に死滅する正常な細胞とちがい、P53の遺伝子により抑制されることなく異常増殖するわけです。

たとえば放射線や化学物質によりDNAに傷がつくと、P53は大量に発生し間違ったDNAの合成を阻止します。また、修復不能な傷害がある細胞にアポトーシス(細胞の自殺行為)を起こさせ、消失させてしまう働きもあります。

これらの作用により、P53をがん組織に導入することによって、がん細胞の死滅が期待できるというわけです。

がん治療における遺伝子療法は日々進歩していますので、治療法の選択の幅もより広くなっていくことでしょう。

WordPress Themes